浪貝畳店

Home > 暮らし > 浪貝畳店

浪貝畳店 | 東京都世田谷区太子堂で畳の事なら浪貝畳店(なみがいたたみてん、ナミガイタタミテン)まで!!張り替え、新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

世田谷区のマンションに住み始めてから、畳の手入れをしていなかったので、かなり色があせて古くなってしまいました。世田谷区には評判が良い畳店があるので、畳張替えを依頼しました。 畳替えについてはよく知らなかったのですが、教えてもらったところ、畳替えには3つの方法があり、表替えは、床部分はそのままで畳表が新しくなります。畳表をはがして、裏返して縫い付ける方法もあります。床部分も畳表もすべて新しくするのが新調です。家の畳は、かなり長く使ったので、奮発して新調することにしました。 畳には、様々な種類があり、い草の質や長さなどによって、畳のよしあしが決まります。様々種類があり、自分の好きなものを選ぶことができます。長く使いたかったので、広島産の高級品を選びました。畳替えを依頼した店は、価格の中に材料費も工賃も配送料も含まれているので、わかりやすくて良かったです。部屋を見て、最適な材質を教えてくれるので助かりました。 畳が新しくなると、部屋中に良い香りが漂い、部屋も明るくなります。畳には、空気を清浄にして湿度を調整する働きがあり、アロマテラピーのようなリラックス効果もあるので、思い切って新しい畳にして正解でした。